初めてのアパート建築で感じた難しさ

相談の結果部屋数や木造にするかなどについて悩む

そこでいくつかアドバイスをもらいましたが、それなりの建物となるとかなり費用が掛かること、融資を受ける先の選択が重要だと分かりました。
部屋数を多く取れば、入居者を獲得することで大きな利益が見込めますが、その分空室対策が大変です。
それに、部屋を増やせば増えた分だけ建築費用が嵩みますし、木造と鉄筋造やRC造ではそもそも費用の大幅アップに繋がります。
部屋数と木造以外の両立は難しく、融資だけで建築費が賄える自信がなかったので、どちらかを妥協することにしました。
費用の安さ、融資のハードルの低さでいえば、木造が圧倒的に手頃で初心者向きです。
ところが、耐用年数は思いの外短く、長い目で見て修繕やリフォームにお金が掛かるということを知ります。

これならアパート建築以外で土地活用を模索した方が良いのではないか、そう考えたり悩むようになりました。
とはいえ、木造はコストが低い分だけ家賃を低く設定できたり、幅広い層に入居に繋がる見込みがあるのも事実です。
解体費用も比較的安く、建て替え時も建築費用は低く抑えられるので、木造も悪くないという考えも頭に浮かぶようになります。
結局、考えれば考えるほど何が最適解なのか分からなくなり、アパート建築は構造を選択するだけでも難しいと痛感しました。
予算に余裕があるなら、もっとアイデアを出したり自由な発想で、魅力的な賃貸物件を建てたり提供できると思います。

土地活用でアパート建築を検討し情報収集開始相談の結果部屋数や木造にするかなどについて悩む悩んだ結果アパート建築を含めた土地活用をプロに任せることに